九州コミティアとは

コミティアとは、プロ・アマを問わない方々が自主制作した作品を発表・販売する展示即売会です。
その他のいわゆる「同人誌即売会」と比較して大きな特徴として挙げられることは、出展できる作品を《オリジナル》のみに限っており、いわゆる《二次創作・パロディ》は取り扱っていないということです。

その歴史は長く、1984年から始まった東京の『コミティア』は通算開催回数が100回を超えるまでになっています。
また、コミティアの趣旨に賛同し、それぞれの場所でも同じ形でイベントを行いたいと考えた地元のスタッフが独自に主催団体を組織し開催している『地方コミティア』が北海道東北新潟名古屋関西・九州の各地で開催されています。

私たち『九州コミティア・ミーティング』は、2017年から開催を始めた、もっとも新しい地方コミティアの主催団体です。今はまだ生まれたばかりですが、今後も長く開催していきたいと考えております。そうすることで、九州各地に創作の種を蒔き続けていきたいと考えています。

九州コミティアにサークル出展されている方々は、様々な想いを込めて作品を発表しています。それぞれの作品のひとつひとつがオンリーワンのオリジナルです。読者のみなさんは、会場内にあふれる、その熱いエネルギーを心して受け止めてください。

『九州コミティア』が、さまざまなよき出会いの場となりますように。

九州コミティア ロゴ

九州コミティアに参加するには

サークル出展参加

自己の作品の発表を目的に九州コミティアに出展し、本などの作品を頒布することを指します。規定の出展費を払って参加していただく形になります。

一般参加

出展参加者の発表する作品を読み、購入する目的で来場される方を指します。
いわゆる「お客さん」とも言えますが、ただの消費者ではなく作品を評価し、購入することで描き手を応援する参加者であって欲しいとお願いします。
なお応分の参加者負担として、入場時もしくは事前に、コミティアの全参加サークルのPRと参加注意事項の載ったガイドブック『九州ティアズマガジン』を購入していただくこととなります。

スタッフ参加

イベント運営スタッフとして事前の計画や準備、当日の円滑な運営などを行うようにつとめる有志のボランティアを指します。
九州コミティア・ミーティングでは、開催趣旨に賛同し協力してくれるスタッフ(ボランティア)を募集しています。
詳細は、ボランティアのページをご覧ください。

以上の、出展参加者と一般参加者と運営スタッフの三者がそれぞれの立場で互いに尊重し、理解し、時に協力し合うことで九州コミティアというイベントは成り立っています。どうぞ積極的な参加とご協力をお願いします。

開催履歴と予定

九州コミティア3 2019年12月1日
会場・西日本総合展示場 本館
九州コミティア2 2018年11月4日
会場・西日本総合展示場 新館
九州コミティア1 2017年9月18日
会場・西日本総合展示場 AIM 3F
九州プレ・コミティア 2017年2月18日
会場・北九州市漫画ミュージアム 参加者数・約800人

当ウェブサイトについて

本ウェブサイトは、創作同人誌展示即売会『九州コミティア』と、それに関連した催事についての情報発信を目的に運営しています。

内容としては主に以下のものが含まれます。

  1. 創作同人誌展示即売会の日程、準備スケジュール、開催会場への交通案内などの告知
  2. サークル出展、出張編集部、企業出展などの出展者に対する参加要項の告知および参加受付
  3. イベントガイドブックの刊行案内、投稿企画の案内および投稿受付
  4. 見本誌展示読書会の開催案内の告知
  5. ボランティアスタッフの希望者募集と作業内容の紹介
  6. その他『九州コミティア』に関する物事の紹介

当ウェブサイトへのリンク、引用等は法令の範囲内を逸脱しない限り自由とします

当ウェブサイトへのリンクは事前の連絡無く自由に行って構いません。
また、引用等は法令の範囲内を逸脱しない限り自由とします。

リンク用バナーが必要でしたら自由に以下の画像を直リンクしてご使用ください。
バナー https://www.q-comitia.com/files/uploads/bnr_200.png

リンク

本家・各地方のコミティア

コミティア 

北海道コミティア 

みちのくコミティア

新潟コミティア

名古屋コミティア

関西コミティア

同人誌印刷所

熊本県上益城郡益城町の印刷所、アクシス出版。

熊本県上益城郡益城町の印刷所、プリントオン。

熊本市中央区の印刷所、松本コロタイプ光芸社。

広島市中区の印刷所、金沢印刷。

協力団体

九州の同人作品即売会